FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

藤枝久範のはがき絵

9月に開催されました大牟田石炭産業科学館での、
葦ペン画展で回顧展を開かせていただいて好評だった、
故藤枝久範のはがき絵をご紹介します。

はがき絵8リサイズ
余白を、たっぷりとったきじ馬の絵です。私も最近こんな、余白がいっぱいある絵が好きになりました。
昔は、画面いっぱいに正確に描くのが良いと思っていました。絵を始めたきっかけが洋画だったからでしょう。

       はがき絵6リサイズ
ちょうど今が旬の干し柿です。絵に描くには、私は生の柿より干し柿の方が、
つるっとしている生柿より、しわしわの干し柿の方が良いかと思います。

はがき絵2リサイズ
手前に民家の集落があり、その向こうは林が横に広がり、小高い丘の向こう側には、
高い山(この辺では、三池山か小岱山位)の見える情景です。
現場に行って15分くらいでぱぱっと描いた、なにか走り書きのようなスッケチですが、
作者はこのような風景を描くのにかなり手慣れている感じがします。

はがき絵3リサイズ
大牟田では、毎年7月の下旬頃に大蛇山祭が開催されています。

       はがき絵5リサイズ
藤枝久範は、昔油絵を描いていた時代に、よく船をモチィーフにした絵を数多く描いていて、
ほんとに船が好きな作家です。横長の絵を縦の構図で描いてあり、遥か彼方のほうに停泊している船が
ほんとに小さく見えて、用紙の1/4から1/5にしか絵を描いていないけど、
余白を生かした日本的な良さを感じます。

はがき絵4リサイズ
船だけ描いて、海とか波などは描いていないんですけど・・・・・・・・・・

よくこの絵を見ていると、・・・・・・・・・

海とか波とか描かなかったのが、この絵を魅力的なものにしているのでは、

と、思うんですが 如何でしょうか。

はがき絵7リサイズ
最後は、街の商店街でショッピィングを楽しんでいるご二人の御婦人が、話をしながら歩いている風景です。






スポンサーサイト
[ 2015年12月12日 23:31 ] カテゴリ:はがき絵 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

FC2USER369468ZKJ

Author:FC2USER369468ZKJ
 ニックネームは ・・・とし 
葦ペン画を描いて10年になりました
現在3ヵ所の葦ペン画サークルで指導をしています

最新トラックバック
訪問者数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
894位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。