FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

岩本橋

 11月3日は、文化の日です。11月1日に普光寺の帰りに、
岩本橋によって写真を撮った時に「今度、時間ができたらスケッチに来たい。」
と思っていました。
その日は快晴で雲一つない秋晴れの日で、外に出れば何かあると思い、
道具は車に積みっぱなしだったので、ふらっと家を出てしまいました。


CIMG5973リサイズ
普光寺の帰り(11月1日)に撮った写真で、三池金山線側からみたところです。

CIMG6003リサイズ

岩本橋について ネットより引用させてもらいました。
阿蘇凝灰岩の切岩を二重に築いて造られ学術的にも貴重な様式で、皇居の二重橋をはじめ数々の名橋を建造した八代の名称、橋本勘五郎の作と伝えられています。


CIMG5993リサイズ
有明高専の前の道をまっすぐ行くとこの場所にでます。

CIMG5996リサイズ
日差しが強かったので日陰で描くことにしました。わたしは、この場所からの構図が気に入っていて、
前にもここから描いたことがあります。

CIMG6011リサイズ
今回はまず透明水彩のイエローオーカーに白を混ぜた色でデッサンしてみました。
スケッチブックはF8号です。

これは、葦ペン画を始めた頃に思いついたやり方で、
イエローオーカー一色で、木炭又は鉛筆で描くように、風景を大きくとらえて
デッサンするように描いていきます。
消したい場合は、描いてすぐならティシュ・ガーゼで拭けば消えます、
乾いたヶ所は、筆に水をふくませて軽くこすると、塗った絵具は溶け出しますので、
ティシュで拭いてやれば、7〜8割位、色は消えると思います。


CIMG6016リサイズ
1週間後の11月11日にまた現場に行って、上のイエローオーカーでデッサンしたものに葦ペンの線をいれました。

右側の植えられたばかりの苗木らしきものを描いたので、その向こうに見える石橋が
だいぶくるってしまいました。描かない方が良かったかもしれないとも思いますが、
木の形が面白かったので、ついつい描いてしまいました。









スポンサーサイト
[ 2015年11月13日 00:29 ] カテゴリ:風景画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

FC2USER369468ZKJ

Author:FC2USER369468ZKJ
 ニックネームは ・・・とし 
葦ペン画を描いて10年になりました
現在3ヵ所の葦ペン画サークルで指導をしています

最新トラックバック
訪問者数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
894位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。