FC2ブログ
葦ペン画で絵日記書いてみました TOP  >  スポンサー広告 >  葦ペン画展 >  葦ペン画展のチラシのイラストできました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

葦ペン画展のチラシのイラストできました。

 5月19日に葦ペン画展の実行委員会が開かれて今年も、例年通り9月に第16回の葦ペン画展の開催が決まりました。これまで葦ペン画展のチラシのデザインは私が毎年描いてきました。「今年も描いてください」と石炭館から依頼があって、6月にはいってから葦ペン画展のロゴ・その回りのイラスト・その下に載せる葦ペン画をクロッキー帳に試作を何枚も描いてなんとかできあがりました。 

タイトル葦ペン画1
                   チラシイラスト完成図

今日はチラシの製作過程を記事にしました。
チラシのタイトル「葦ペン画展」を筆ペンで描きます。

CIMG5305.jpg
文字のめりはりとバランス(大きさ・配置)など考えながら何枚も書いて一番できの良いものを選びます

CIMG5307.jpg
ぐうぜんスピード感のある文字が書けたので文字はこれで決まりました。この後に文字の回りにイラスト、その下に葦ペン画も描く予定なので、文字だけに時間をさいていられないのです。

つぎに筆ペンで書いた「葦ペン画展」の回りに鉛筆でイラストのカットをてきとうにちらして描いていきます。

CIMG5309.jpg

CIMG5308.jpg
子供がかべやアスファルトの道路にチョークなどでらくがきするようなきぶんでイラストのカットを何枚も描いているうちに、ぐうぜんというか、たまたまおもしろいものができます。そのチョットしたアイディア・だんぺんを発展させたり、それにあうようなものをとなりに描いたり、文字や音符・のりものとなんでもぶちこんでしまって、表現は悪いかもしれないけどとにかく無礼講なのです。

IMG.jpg
ちょっとまとまりがないので回りに筆ペンの薄墨でフレーム風の線をいれてまとめます。イラストができたらパソコンに取り込んで「第16回」の文字をいれます。


次にイラストの下に葦ペン画をいれます。

t1_02.jpg
昔万田抗で石炭の運搬に使われた蒸気機関車です。

img_0[1]
大正時代だと思われますが万田抗の全盛時代の写真です。

この大正時代の万田抗に昔の蒸気機関車を走らせた絵を想像してクロッキー帳にイメージスケッチを鉛筆で描いてみます。
テレビの料理番組でシェフがこれから作る料理をイメージして、スケッチブックにスケッチを描いてから料理を作り始める光景をたまに見かけますが、それと同じである程度絵の構想が具体的に決まってから絵を描き始めたほうが良いと思います。



CIMG5312.jpg
機関車を手前に描いて背景に万田坑を描く構図に決まりました。

IMG_0001万田抗
チラシはモノクロなので絵も最初からモノクロで描きます。機関車の背景ははっきり描いてしまうと機関車とごちゃまぜになって位置関係がおかしくみえてしまいますので、後ろの背景にはうすくシロ絵の具をかけてすこしもやがかかったようにして、手前の機関車は線を太くして前に出てくるように描いています。

最初のイラストと葦ペン画をパソコン上で合成して下にワープロの文章をいれたものが下の図です。

B第16回葦ペン画展完成
下の葦ペン画展の案内の文章は、今年のはまだできていませんので一昨年のものをつかいました。
この後は石炭科学館で今年の案内文をいれて、コントラストの調整をしてできあがりになります。

7月に葦ペン画展の実行委員会であたらしいチラシできあがのますので、チラシができあがりましたら、ブログ上でご案内したく思っています。






スポンサーサイト
[ 2015年06月25日 20:12 ] カテゴリ:葦ペン画展 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

FC2USER369468ZKJ

Author:FC2USER369468ZKJ
 ニックネームは ・・・とし 
葦ペン画を描いて10年になりました
現在3ヵ所の葦ペン画サークルで指導をしています

最新トラックバック
訪問者数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2624位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
731位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。