FC2ブログ
葦ペン画で絵日記書いてみました TOP  >  スポンサー広告 >  藤彩会 >  第15回葦ペン画展(藤彩会展示作品)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第15回葦ペン画展(藤彩会展示作品)

 9月20日(土)より葦ペン画展開催されています。今日は葦ペン画サークル藤彩会(荒尾中央公民館)の展示作品をブログにのせたいと思います。藤彩会は平成6年6月に荒尾中央公民館の葦ペン画サークルとして発足、荒尾・大牟田地区では一番最初に活動を始めたグループとなりました。会長の中川さんを中心に、小学一年生から70才位まで会員は年齢の制限はありません。第1・3土曜日の午後1時~3時に集まって葦ペン画を描いています。


           15回石炭中川万田抗
                     中川史子        万田抗


        15回石炭中川もみじ
                   中川史子             もみじ
レンガ作りの壁とさくの向こう側にわずかに立坑の櫓が見える大胆な構図で、レンガを多用した明治時代の建築の特徴がうまく表現できています。これから紅葉の季節となりますが、もみじの葉を大胆に描いて葦ペン画の特徴がよくでた絵だと思います。


15回石炭前田松屋
                前田経子              思い出の松屋


15回石炭前田夏の収穫
                前田経子                夏の収穫
昭和の初めから戦後炭鉱が閉山するころまで営業(2004年に閉鎖)して、夢と思い出をいっぱい残してくれた松屋デパートでした。絵の上の方に描いてある松屋のロゴを見ただけで、昔松屋に親しまれた方は、思い出がよみがえるのではないでしょうか。軽快な葦ペンのタッチと色の濃淡、前田さんの絵はいつも見る人を心地よくさせてくれます。


15回石炭石村軍艦島
                 石村友韻                   軍艦島

15回石炭石村大蛇山
                  石村友韻                   大蛇山
石村友韻君は今年で葦ペン画展への出品は2回目で、私の記憶では3年前に葦ペン画展を見て入会されました。絵がだいすきなゆうと君は自分が好きなもの・興味のあるものはなんでも絵にしてしいます。今年は小学一年生になって3年前に比べると絵の中に成長の跡を感じます。


15回石炭杉山三池専用鉄道
              杉山光延              三池専用鉄道港駅構内


        15回石炭杉山壁面
                   杉山光                 延壁面B
杉山光延さんの葦ペン画2点です、炭鉱電車の駅の構内を描いた絵ですが、遠くに見える駅の構内から手前の線路・枕木・その周りの砂利・計器など実に良く描いてあるので、手前から一番奥の構内まで800m~1km位あるでしょうか、その距離感が良くでていて奥行きのある絵になっています。下の絵は植木屋さんの庭でしようか、いろんな細かい道具が並んでいます。一番奥の板と、手前の黄色い板の間に半分かくれて見える黄色い鉢植えの花が魅力的です。


15回石炭柿野街並
               柿野耕司                 街並


15回石炭柿野「蔵」
                柿野耕司                    蔵
東京に住まれた方は良くわかると思いますが、新宿からでている西部新宿線の終点が川越です。西武新宿駅から特急で1時間~1時間半くらいかかると思います。私も2度ほどおとずれたことがあります、昔の街道の宿場町で、街並が昔のまま残っている、小京都的な観光地です。柿野耕司さんの作品2点です、白壁の街並と前の通りを行き交う人と車が葦ペンのやさしい線と控えめの色で表現されています。「蔵」は普通の店舗とは違う白壁の重厚なつくりが魅力的で、両隣の店との対比がおもしろいと思います。


15回石炭下田昔日の三池坑
         下田明子                     昔日の三池坑


          15回石炭下田春熊本城
                下田明子             春熊本城
つぎは藤彩会で会計を担当している下田さんの作品です、下のほうから線路の高さまで積み上げられた材木がリズミカルに心地よく見る人の視覚をくすぐっています。今ではほとんど見かけない煙をはいて走る機関車が古きよき時代を蘇らせます。絵がすばらしかったので感動のあまりなにか詩人になったような気分で記事をかいています。


15回石炭内万田抗野
            内野文明                万田抗


15回石炭内野大牟田市市役所全景
          内野文明                     大牟田市役所前景
見かけはごついけど気はやさしい内野さんの作品です、力強いレンガのアーチの向こうにおなじみの万田抗が見えます。大牟田市役所のなんとかわいらしい表現でしょうか、絵本の挿絵にできそうな葦ペン画です。


15回石炭宮本炭鉱社宅
           宮本ヨソエ                       炭鉱社宅


15回石炭宮本風車
              宮本ヨソエ                 風車
いつもバイクでご苦労様宮本さんの作品です、なつかしい二階建ての四ッ山社宅の遠近感がよくでた絵です。風車もダイナミックで力強く描けていますよ。


15回石炭吉武くまもんと花
            吉武実子                     くまもんと花


15回石炭吉武バラ
            吉武実子                      バラ
ミコちゃんの葦ペン画2点です、いつも教室ではおもしろいことを言って、みんなを笑わせるミコちゃんですが、2点共によく花を観察して描いた絵です。特に「くまもんと花」は格調高い作品になっています。


         15回石炭酒井宮原坑
                酒井邦孝          宮原坑、三池炭鉱専用鉄道


15回石炭酒井市役所
            酒井邦孝                     大牟田市役所
つぎは酒井さんの葦ペン画2点です、力強さはないけれど葦ペンの線のいっぽんいっぽんに気持ちがこもっていて酒井さんの人柄の良さをかんじさせる、不思議な魅力を持った絵ですね。


15回石炭小柳動物園
            小柳泰之                         大牟田動物園


        15回石炭小柳夕暮れ
               小柳泰之                    宮原坑の夕暮れ
小柳さんの葦ペン画2点です、大牟田動物園は人の動き表情のイメージを大切にした、童画を思い出すようなかわいらしさにあふれています。夜景の方も縦の構図で星と月が宮原坑を照らし出しています、葦ペン画で夜景は難しいんですが、がんばって良く描けていますよ。


15回石炭西村セピア
                西村節子                セピア色の写真から


         15回石炭西村廃坑
                  西村節子                  廃坑
最後は西村節子さんの作品です、炭鉱社宅と昔島原行きの客船が出航した三池港の桟橋付近を描いた絵です。私の中学時代に島原行きの汽船に乗って島原まで行き、島原鉄道に乗って終点の加津佐のキャンプ場でキャンプをしたのを思い出しました。廃坑はレンガの壁が細かい線で軽やかに描けていて、少し左側に傾いているのが廃坑の雰囲気をかもし出しています。














スポンサーサイト
[ 2014年09月26日 10:20 ] カテゴリ:藤彩会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

FC2USER369468ZKJ

Author:FC2USER369468ZKJ
 ニックネームは ・・・とし 
葦ペン画を描いて10年になりました
現在3ヵ所の葦ペン画サークルで指導をしています

最新トラックバック
訪問者数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2624位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
731位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。