FC2ブログ

自宅のあじさい

 関東の方では 梅雨なのに雨量が少なく 夏の水不足が心配されているようです。
九州は ぱっと晴れて天気が良い日もありますが  雨の日はしっかり雨が降っているので
水不足の心配はなさそうです。   ( 写真と絵は クリック で拡大表示されます。)

CIMG6648リサイズ CIMG6649リサイズ

裏庭に植えた家のあじさいは 3年目を迎えて今年も元気に咲いてくれました。

梅雨の時期  雨の降る日はなぜか あまり外には出たくないので家でぼんやりとして  庭に降っている雨をみつめて 
なにか思いにふけり  若かったあの頃のこと思い出すこともあります。  お金はないけど時間だけはたっぷりあって  
好きな音楽を聴いたり 好きな本を読んで友と自分の夢について語り合った頃  

 何をしてもうまくいかず  ただガムシャラに自分の夢を実現するために費やした時間   
夢はやぶれて流した汗と涙は青春の証だったのでしょう。

私は雨の日がすきです。   ゆたーとしてなにも考えずにいると   なぜか心が落ち着いて  
ふだんは眠っている  心の一部がめをさまして  まったくわすれていたこまかい記憶が
よみがえっては消えていきます。

なぜか外は昨日からずっと雨で   少し  思いにふけってみました。
   
CIMG6650リサイズ CIMG6654リサイズ
CIMG6676リサイズ

今は自宅に植えているあじさいを葦ペン画教室に持って行って  みんなでスケッチすることができます。

CIMG6646リサイズ  CIMG6634リサイズ
あじさいを初めて描いた頃は  小さな花がごちゃごちゃいっぱいひしめきあっていて描きづらかったのですが
毎年書いているうちに慣れてくると  花の特徴がわかってきて  意外と簡単に描けるようになり
最初に感じたゴージャスだけど描くには難解な花のイメージは  まったくなくなりました。

CIMG6714リサイズ  CIMG6640リサイズ
あじさいには小さな虫が集まってくるので  その虫を狙ってくる蜘蛛や小さなムカデも  花についてくるので
花瓶に活ける場合ご注意ください  しらないうちに活けている人に乗り移っていることもあります。

CIMG6710リサイズ CIMG6657リサイズ
がくあじさいの写真を撮ってきて写真を見て描いてみました

ばら・椿など誰もが好きな花でよく絵に描かれる花ですが  あじさいは誰が描いても豪華な絵に仕上がる花です
あなたもあじさい描いてみませんか  咲いている期間がけっこう長いので慌てて描くこともないです
どちらかといえば  花びらが開ききった頃が描く時期としては良いと思いますよ。










スポンサーサイト



[ 2016年06月20日 10:03 ] カテゴリ: | TB(0) | CM(0)

荒尾バラ園 2016

春のバラの開花は、気温が高いと開花が早くなってパット咲いてすぐに散ってしまい、涼しい日が続くと5月中旬位まで咲いていることもあります。

CIMG6560荒尾バラ園R CIMG6561荒尾バラ園R

CIMG6562荒尾バラ園R CIMG6563荒尾バラ園R
5月2日、家に植えているバラがまだ咲いていなかったので、今年はバラの開花は遅くなるのかなと思っていました。
しかし荒尾の方に用事があったついでに行ってみると、70%位のなかなかいい感じでバラが咲いていました。

CIMG6572トリミングR RIMG_0004R.jpg
5月4日と5日は絶好のスケッチ日和だったのですが、どうしても外せない用事ができて
スケッチに行けなくなってしまいました。
6日は1日中休みで家にいたのですが、朝から強い雨が降って今日はダメかと思っていると、
昼過ぎから雨は上がったので3時頃から出かけてみました。

CIMG6577トリミングR IMG_0006R.jpg
この日はあわてて出てきたせいか、筆を持ってくるのを忘れてしまったので、色を付けないで2枚スケッチして帰りました。
家に帰って彩色したのですが、時間の制限はなく、ゆっくりと考えながらできるので、「これはいいぞ!」・・・と

以前は花・枝・葉っぱをかるく色づけしてバックを暗くして花を明るく見せたりしていたのですが、結果的にぬりすぎて
画用紙のぬっていない白い部分が少なくなって、絵は暗くおもくるしくなるので、最近は花・枝・葉っぱだけ色をつける
やり方で描いています。そのほうがシンプルで絵が明るくて良いと思います。











[ 2016年05月19日 10:26 ] カテゴリ: | TB(0) | CM(0)

桜(2016)

 今年は、3月末までは寒い日が多かったのですが、4月に入ったとたんに気温が急上昇して、4月2日に藤彩会の皆さんと外に出て桜のスケッチをしたのですが、ほぼ満開の状態でした。

CIMG6424リサイズ
荒尾中央公民館正面玄関前の桜の木です。4年くらい前にこの位置からスケッチしたことがありますが、その時は冷たい風が強く吹いてて寒い思いをしながら描いた記憶があります。

CIMG6430リサイズ CIMG6485リサイズ
この日は風がなくて少し汗ばむ位の天気で、少し風があると日向で描いても暑く感じないのですが、日陰を探して建物のかげに入って描きました。

CIMG6439リサイズ CIMG6487リサイズ
今日入会された今村さんの隣で描きました。今日が初めてということなので、雑談したりアドバイスしながら描きました。
今村さんの話では、もともと絵に関心があり、水彩画の道具を買い揃えて、2枚位描いてみて、
描いた絵を見ていろいろ考えていると、自分には絵の才能がないのではないか、誰にも見せていないのに、
自分の絵は下手だと思い込んでしまって、それ以来描くのをやめていたとのことです。

しかし今日の今村さんは桜の風景を目の前にして,何もかも忘れて葦ペンを動かしているうちに、だんだんと、
絵が出来上がっていきます。終わってみると、今日初めて葦ペン画を描いたとは思えないような絵がそこにありました。








[ 2016年04月08日 09:00 ] カテゴリ: | TB(0) | CM(0)

椿

 今年も椿の作季節になってまいりました。葦ペン画の教室では、女性が多く、女性と言えば皆さん花が大好きなので、
花を持っていくと喜ばれるので、自然と花をモチーフにすること多くなります。
                                                    画像はクリックすると拡大表示されます。       
椿自宅リサイズ 自宅椿葦ペンリサイズ 

 椿のほかには、あじさいは、花を教室に持って行って実物を見て書いていますが、バラは荒尾バラ園に、桜は荒尾市内の桜の名所に毎年行ってスケッチしています。椿が終わったらすぐ桜が咲きます。5月の初めにはバラの季節になり、その一か月後は、あじさいが待っています。


椿教室リサイズ 教室椿リサイズ

椿は、樹木なのでしっかりとした枝に花を付けます。葉っぱは厚みがあって、そりかえって脂ぎっていて、ちょっと豪華な感じがします。今回は、花を横から描いてみました。椿の葉っぱも横から見るかたちになり、細長く見えます。


椿静物1リサイズ
テーブルに赤と白の布を敷いて、椿を入れた花瓶・陶器のポット・ワイン・グラス・マグカップ並べました。
葉っぱと花を布の上に適当にちらして、部屋の照明を消し、窓を開けて自然の光を入れました。






 
[ 2016年03月22日 10:00 ] カテゴリ: | TB(0) | CM(0)

家の玄関の横に植えているつるバラ(バイオレット)今年はきれいな花付けています。

最近の1年位は朝の時間帯に余裕ができて午前中は自宅にいるので、

家の壁のひび割れの補修したり、庭の草むしり・バラの消毒・高圧洗浄機での

壁の洗浄などやっています。

玄関の隣に咲いているつるバラは、成長が早くて剪定してやらないと、

伸びすぎてしまうので、マメに剪定するようになって、咲く花の数が減ったせいか、

今年の秋は綺麗な花を付けているようです。


CIMG5906リサイズ
先日ニンニクと小葱を植えた時に完熟たい肥が半分以上あまったので、
バラにおすそ分けしたせいか、何かわかりませんが、
つぼみから、少しづつ花が開き始めてから完全に開いてしまうまでの時間が長いのです。
これまでは、色も地味だし、あまり注目していないバラだったのですが、
今年は充分に楽しませてもらいました。

CIMG5977リサイズ
スカイブルーのすりガラスの花瓶にいけて、描きました。

それと今年の3月末に三池の初市で買ってきて、
裏に植えた山茶花も
可愛い花、付けていました。


CIMG5908リサイズ

CIMG5909リサイズ
買い求めたのが今年の3月で、11月に花を付けると言うことなので、買った時に花を付けていませんでした。
思っていたより綺麗な花で、本当によかったです。

今、記事を書いていたら、三池初市でこの山茶花を買った時のことを思い出しました。

ずっと前から大輪でピンクの山茶花、たまに民家の庭先で見かけては、ほしいと思っていたのですが、
なかなか植木市に行く機会にめぐまれず、今年こそは熊本農業公園の植木市に買いに行くつもりでいたので、
ネットで開催日を調べたらもう終わっていました。

「今年もまた行きそびれてしまった。」とガックリしていたのですが、三池の初市が残っていました。
三池の初市は、植木屋さんがあまりでないので「 どうかな ‽ 」と思いながらも,行って見ると
一か所だけ、私が求めている ピンクの大輪の山茶花、売っている植木屋さん がありました。

中年の女性の売り子の人でした。椿と山茶花の育て方の違いなど説明をしてくれて、
「綺麗な花ですよ」とすすめられて買って帰ったのがこの山茶花です。
その日はピンクの大輪とすすめられた山茶花を買って帰りました。

CIMG5979リサイズ
一輪挿しの花瓶にさして、描いてみました。



[ 2015年11月03日 00:50 ] カテゴリ: | TB(0) | CM(0)
プロフィール

FC2USER369468ZKJ

Author:FC2USER369468ZKJ
 ニックネームは ・・・とし 
葦ペン画を描いて10年になりました
現在3ヵ所の葦ペン画サークルで指導をしています

最新トラックバック
訪問者数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3737位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
965位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR