FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

岩本橋 その2

11月3日と11日に、岩本橋にスケッチに行ってF8に、
ゆっくり時間をかけてスケッチしてきました。
初日はイエローオーカーでデッサンして、2日めに葦ペンで線を入れてとちょっと、
時間がかかり過ぎと思われるかもしれないですが、
時間がかかった分だけ対象を観察しているわけで、
プライベート(一人で)でスケッチする時は、たっぷりと時間をかけた方が
勉強になるかもしれません。

CIMG5991傾き修正リサイズ
11月11日に写した写真が傾斜が少し曲がっていたので、フリーソフト JTrimで修正しました。

CIMG6018リサイズ
彩色は家でしました。右側の休憩所あたりが左に寄りすぎていたので、修正してから色をつけました。

CIMG6020リサイズ
最後は黒でコントラストをつけて、葦ペンと筆ペンで補強しました。

絵と写真クリックで画像が拡大できます。

何年前か忘れましたが、桜の時期に写した写真があったので、ご紹介します。

IMG_1508リサイズ
三池金山線の方から行って、岩本橋の手前に桜の時期には子供の日の、のぼりと小さな鯉のぼりが飾ってあります。

IMG_1511リサイズ
熊本城の桜も、お城の石垣と薄いピンクの桜のコントラストが絶妙ですが、ここ岩本橋の桜もなかなかのものですよ。

IMG_1512リサイズ
3月下旬から4月上旬ごろなのでまだ椿も咲いています。



押し入れの中を見ていたら昔の水彩画がでてきました。

CIMG6027リサイズ
約20年前の水彩画で、季節は冬だと思います。

CIMG6028リサイズ
上の絵と同じ時期の絵で、今回描いた場所と同じ所から描いています。

CIMG6029リサイズ
これは葦ペン画を描き始めてからの絵で、10年くらい前のものです





スポンサーサイト
[ 2015年11月16日 12:06 ] カテゴリ:風景画 | TB(0) | CM(0)

岩本橋

 11月3日は、文化の日です。11月1日に普光寺の帰りに、
岩本橋によって写真を撮った時に「今度、時間ができたらスケッチに来たい。」
と思っていました。
その日は快晴で雲一つない秋晴れの日で、外に出れば何かあると思い、
道具は車に積みっぱなしだったので、ふらっと家を出てしまいました。


CIMG5973リサイズ
普光寺の帰り(11月1日)に撮った写真で、三池金山線側からみたところです。

CIMG6003リサイズ

岩本橋について ネットより引用させてもらいました。
阿蘇凝灰岩の切岩を二重に築いて造られ学術的にも貴重な様式で、皇居の二重橋をはじめ数々の名橋を建造した八代の名称、橋本勘五郎の作と伝えられています。


CIMG5993リサイズ
有明高専の前の道をまっすぐ行くとこの場所にでます。

CIMG5996リサイズ
日差しが強かったので日陰で描くことにしました。わたしは、この場所からの構図が気に入っていて、
前にもここから描いたことがあります。

CIMG6011リサイズ
今回はまず透明水彩のイエローオーカーに白を混ぜた色でデッサンしてみました。
スケッチブックはF8号です。

これは、葦ペン画を始めた頃に思いついたやり方で、
イエローオーカー一色で、木炭又は鉛筆で描くように、風景を大きくとらえて
デッサンするように描いていきます。
消したい場合は、描いてすぐならティシュ・ガーゼで拭けば消えます、
乾いたヶ所は、筆に水をふくませて軽くこすると、塗った絵具は溶け出しますので、
ティシュで拭いてやれば、7〜8割位、色は消えると思います。


CIMG6016リサイズ
1週間後の11月11日にまた現場に行って、上のイエローオーカーでデッサンしたものに葦ペンの線をいれました。

右側の植えられたばかりの苗木らしきものを描いたので、その向こうに見える石橋が
だいぶくるってしまいました。描かない方が良かったかもしれないとも思いますが、
木の形が面白かったので、ついつい描いてしまいました。









[ 2015年11月13日 00:29 ] カテゴリ:風景画 | TB(0) | CM(0)

三池山の麓、普光寺と定林寺(あじさい寺)周辺の散策その2

秋から冬にかけて、季節感の出る田舎の風景を求めて、
三池山の麓の普光寺定林寺周辺を散策してみました。


写真が多いので前回と今回2回にわたって記事を書いています。

CIMG5988リサイズ
前回のスケッチに、これから彩色する箇所にイエローオーカーに白を混ぜて彩色しました。
その上にグリーンをのせています。



CIMG6009リサイズ
これ以上描けないと思ったので、筆をおいて完成とします。

左手前の畑は、高さ70cm位の丈の高い野菜が植えてあり、その後ろに白菜、レタスがあって手前の丈の高い野菜の間から垣間見えるのですが、色は同じグリーンだし、なかなか表現がむつかいしと思いました。


CIMG5950リサイズ
普光寺のいりぐちバス停より、普光寺へ向かって歩いていると、右下の方に民家の集落がみえてきます。

CIMG5952リサイズ
また少し歩いていると左の石垣の上に大きな木が2本、道が少しカーブしていて石垣の向こうに回り込んでいて、
絵になる構図ですね。

CIMG5962リサイズ
今山金毘羅宮の歴史を記した立て札

CIMG5961リサイズ
現在地と金毘羅宮と普光寺周辺の地図をイラストにしてありました

CIMG5957リサイズ
普光寺の入口の階段の左を車で登ると駐車場があり、大牟田市内を展望できます。

CIMG5964リサイズ
先ほどご紹介した、石垣の上に2本の木がある箇所を上から見下ろしたものです。

CIMG5966リサイズ
普光寺から帰るとき三池金山線の櫟野交差点の少し手前の東方向の風景です。















[ 2015年11月06日 00:03 ] カテゴリ:風景画 | TB(0) | CM(1)

三池山の麓、普光寺と定林寺(あじさい寺)周辺を散策してきました。

これまで、大牟田・荒尾近郊では、三池港・万田坑・大牟田市街・旧三井港クラブ・
長洲町の日立造船などで野外スケッチをしてきました。
あと、桜の時期には毎年、四ッ山・荒尾市民病院前の桜並木と、
振り返るとまあ、けっこういろんな場所でスケッチしています。

ネットでは、いろんな方の風景スケッチ画を拝見させて貰っていると、
田舎の、のどかな風景でステキな作品もたくさんあります。
秋ぐちから冬にかけて、一番季節感の出る、田舎の風景を求めて、
臥竜梅で有名な普光寺とあじさい寺の定林寺の周辺を散策してきました。


CIMG5929リサイズ
三池金山線を勝立方面から北に行って、米の山病院の手前の交差点の、ちょっと手前から右折して、バス通りを普光寺の入口を過ぎて、定林寺バス停からまっすぐ行って、坂を上り下りた場所です。

CIMG5930リサイズ
道路の進行方向に向かって写した写真、土手に植えてある木とその向こうの民家、道を走る車、左側の小高い丘の手前には道路沿いに民家があり、その向こうには三池山が見えて、変化にとんだ構図ですね。

CIMG5944リサイズ
定林寺入口のバス停、今日はこの場所からスケッチしてみました。

CIMG5980リサイズ
葦ペンで下書きなしで描き始めました。左側の家から描き始めて、右側の家も入れたかったので、できるだけ家が大きくならないように気をつけて,描きすすめました。

CIMG5981リサイズ
さらに葦ペンだけで描きすすめて、彩色なしでも絵として見られるくらいになるまで頑張りました。











[ 2015年11月04日 12:26 ] カテゴリ:風景画 | TB(0) | CM(0)

熊本城にスケッチに行ってきました。

 8月に熊本城に肥後あさがおをスケッチに行った時、
涼しくなったらスケッチに来ようと思っていたのですが、
10月中旬から晴天の日が続いてスケッチ日和だったので、
10月23日に思い切ってスケッチに出かけました。


CIMG5883リサイズ
9時過ぎに家を出て、国道208号線の植木の手前で右折、崇城大学の前を通り、
上熊本駅前で左折208号線に戻って熊本城にはいりました。

CIMG5884リサイズ
10時前に着いたのですが、平日にもかかわらず二の丸駐車場は
 3分の2 は車がとまっていました。
駐車場の方から歩いてくると、きじ猫が気持ちよさそうに日向ぼっこしていて

近づくと背中をすりよせてきて、頭をなでなですると、「にゃーお」 と少しかすれたような
声を出してなにか おねだり しているようでした。

私もこうゆう風に、甘い声を出してくる猫ちゃんに、弱いんですよね。

喜ばしてあげようと思って、カバンの中をあけてみたら、不二家のホームパイしかなくて、
「食べてもらえないかな」 と思いながらも、出してみると
思った通り ノーサンキュウ でした。

ちょっとがっかりしたんですけど、さほど食べ物には、困っていないようで、
「かえってよかったのかな」 と思いながらその場を去ったのですが、

その場を去りながらちょっとふりかえってみると、にゃーにゃー いって
次に通りかかった人に、またおねだりしているようでした。

CIMG5885リサイズ
ここは桜の季節は、両サイド桜が咲き乱れて、桜の並木道みたいになる箇所です。

CIMG5888リサイズ
そして西大手門を過ぎると天守閣が見えてきます。

CIMG5890リサイズ
門をくぐってすぐの所に日陰があったので、ここからスケッチすることにしました。

私はこの場所から見える宇土櫓を背景にした構図が好きで、
何回かスケッチしたことがあります。


CIMG5891リサイズ

CIMG5922リサイズ

この場所で10時ちょっと前位からスケッチ始めました。

ここは二の丸駐車場に車を止めたり、

観光バスで来られた方がお城に入る方が行きと帰りに通る箇所で、

私が描いているとこをちょっと覗いていく人もいて、

外人さんで 「オー ワンダフル」 と言って写真を撮ってくれる人もいました。

 描き始めて1時間位たった頃だと思いますが、
お城の方から美しい中年のご婦人が来られて、葦ペン画のことを質問されたり、
御自分も出身は熊本だけど、金沢美術工芸大学に進学されて、
以来ずっと金沢で絵の教室を開かれているとのことでした。

教えておられる生徒さんや油絵・水墨画を描かれている友人の話など
熱く語っていかれました。








[ 2015年10月31日 09:08 ] カテゴリ:風景画 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

FC2USER369468ZKJ

Author:FC2USER369468ZKJ
 ニックネームは ・・・とし 
葦ペン画を描いて10年になりました
現在3ヵ所の葦ペン画サークルで指導をしています

最新トラックバック
訪問者数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2624位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
731位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。